2017/09/22

湖中の女

湖中の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房 (1986-05-31)
売り上げランキング: 3,150
kindle版
■レイモンド・チャンドラー 翻訳:清水俊二
本作は1943年に発表された”The Lady In The Lake”の全訳で、私立探偵フィリップ・マーロウ・シリーズ長篇第4作にあたる。
電子書籍版にも翻訳者によるあとがきが収録されている。

化粧品会社の社長から失踪した妻の行方を探してほしいと依頼を受けたマーロウ。
夫婦関係は破綻しており、妻は愛人と結婚するという電報を寄越していたのだが、相手の男が否定した。妻のふるまいに不安なところがあるので所在を確認し、自分に火の粉がかからないようにしてほしい、というものだった――。

一言でいうと、非常にミステリーらしいミステリー。本格っぽい。
その本格っぽいトリックについては、本格ミステリファンは「ああこれだな」と出てきたときにだいたい気が付くと思うのだが、登場人物がそれなりに多く、複数の事件・要素が絡み合っているので、全体の絵解きや絡まり具合がどうなっているのかというのまでは読み進まないとわからない。
なので、最終部の種明かしであっと驚くどんでん返し、というレベルまでは行かないが、大筋は予想通りだが細かいところまでパズルがピタリぴたりとはめられていく完成美を楽しむというか、「ああそういうことか」と頷き確認していく面白さ。

1943年に発表されたということで、第二次世界大戦の影響を著者の心情的にも受けている、と「訳者あとがき」にフランク・マクシェインの評論文から引いてあるが、そういう判定ができるほどチャンドラーを読み込んでいないので、正直わからなかった。冒頭の【政府に供出されるためにそれが取り除かれていて】とか、文中に【兵隊に徴られ】というのや、【灯火の警戒管制が実施される前のことで】というのが出てきたときに「あ」と思ったくらい。そもそも、戦時中の我が国の文学がもっと強烈に戦争の影響が濃く出ているので、それと比べたら全然なのだ。「金髪美女との恋愛が出て来ない」とかあるけど、まあ軽いジャブみたいなのはあったし、そもそもわたしが女だからか、チャンドラーの小説を読むのにそれを楽しみにしているっていうのが皆無だから、っていうのもあるのかも。

この作品では出てくる警察の人間がいずれも興味深く、最初っから「これは良いキャラクターだな」「いい警察官だ」と思うパターンと、最初は「いつもの横暴で嫌な警察官か」と眉間にしわを寄せていたのが読んでいるうちにその人間の背負っているものなどが見えてきて単純に毛嫌いできなくなり、同情・共感の念がわいて彼の良いところが見えてくるパターンとがあった。
特に後者のような現象は警察官だけでなくどの登場人物にもすべて当て嵌まり、小説の読後感を味わい深いものにしている。
善人・悪人の区別、敵・味方の区別は現実的には明確化されないほうが多いだろうし、付き合いの中でいろんな面が見えてくるのが普通だ。推理小説においては「善人と思っていたのが犯人でこんな裏の顔があった」というのはお決まりのパターンだが、そういうどんでん返し的な描かれ方ではなく、読んでいくうちに自然と少しずつわかり合っていく、あるいは合わないところは合わないままに。
こういうところが、チャンドラーの小説の面白さであり、ファンを増やす要因のひとつなのではないかと思う。すべてわかったうえで再読したらまた興味深い発見がありそうだ。

いつもながらタイトルが内容を含んだうまいもの。
翻訳文がやや古く感じるが、原文が1942年に書かれたものだから雰囲気的にはそれくらいで丁度いいと言えるかもしれない。
そうなんで」と出てくるたびに江戸時代の丁稚が浮かんで捕物帳みたいな気がしたがこれは翻訳者の当時のクセなのかなあ、同著者の他の作品では出て来なかったような気がするのだが。
この作品の村上春樹訳は現時点ではまだ出版されていないようだ。

レイモンド・チャンドラーの生涯
フランク・マクシェイン
早川書房
売り上げランキング: 463,395
ググったらヒットしたフランク・マクシェインの本。値段を見て購入意欲がしぼむ。

2017/09/18

イスラームから考える

イスラームから考える
イスラームから考える
posted with amazlet at 17.09.17
師岡カリーマ エルサムニー
白水社
売り上げランキング: 158,384
■師岡カリーマ・エルサムニー
先日読んだ梨木香歩との共著『私たちの星でで本書と師岡さんのことを知り、イスラムの人々のことをもっと知りたいと思っていたので「これは良いものを教えてもらった」とさっそく注文。
すごく綺麗で素敵な装丁の御本です! 流石白水社さん~センス良い~ カバーを外しても素敵なデザインなんですよ!
装丁は三木俊一文京図案室)さん。

表記が「イスラーム」で、わたしは「あれ、"イスラム"じゃないの?」ってそんなレベルからなんですが。
気になってググったら、ウィキペディアでは「イスラーム」になってる。「教」をつけないとか、そのへんの言及もあってなかなか面白い。

師岡さんのウィキも同様にリンク貼っておきます

さて本題。

本書は2008年4月に発行された単行本で、つまり既に約10年前になってしまうんだけれども、一読した感想としては、いま読んでも全然大丈夫、ここで書かれていることと現在は続いているし、師岡さんがすごくわかりやすく親しみやすい調子で書いてくださっていて、「ベース(基本)」が書かれているので、理解したい、という気持ちで読むにはとても良い本だと。
「あとがき」に【この本が生まれることになったきっかけは、預言者ムハンマドの風刺漫画騒動でした。】とあるが、かなり大きなニュースになった(2005年)だけあってまだ記憶に鮮明ですし。
もちろん9.11(アメリカ同時多発テロ/2001年)も踏まえて……わりと抑え目でしたが。

というかですね……。
結論を先に書いてしまうことになるのだけれども、昨今起こってる事件などを「イスラームを知ったら理解できるのでは」という読書動機なわけですが、読んでいくうちにその大前提が覆されるのが面白いのです。

本書を読んでいくとムスリムの方が書いた本だけあって、イスラームのこととかムスリムのこととかエジプトのこととかが日常一般人レベルでナチュラルに書いてあって、それでそのうえで、「でもこれってイスラームだから、とかいうレベルの話なの?」という疑問が提示されていて、あれっ? と考えさせられることしばし、なんですな。
「ニュースとか本に書いてあったのと違う…」
「えーテレビで言ってたのと違う…」
ということがちらほら。

例えばパレスチナ問題。
あれってもう、ばりっばりの宗教問題だと思ってませんか? わたしはそう習った(と思う)し、そう捉えていました。
でも師岡さんに言わせたら、その周囲の人々の認識として、そういうレベルの話じゃないらしい。
報道されている内容・報道でつかわれる言い回し・言葉に違和感を覚えるのだと…。

ものすごーく難しい微妙な問題を、師岡さんが1冊使って言葉をつくして、吟味して推敲して書かれたものを生半可なわたしが短くまとめて誤謬なしにお伝えするのは不可能だ。
だからもう、「興味がある方は是非お読みになって、とっても面白いから」と本を差し出すような気持ちなのだが、あえて少し引用させていただく。

イスラーム世界で起こることをすべてイスラームやイスラーム文化で説明しようとする誘惑は理解できる。その方がどんなに簡単か知れない。しかしそれと同じことをイスラーム側がすれば、西洋にとっても面白くないことになるはずだ。】(P29)

→ヲタクが事件を起こして、「漫画やアニメ・ゲームが原因だ」って云われて「違うだろ…」っていうのと似てるなあ。

宗教を抜きにしても、表現の自由には限界がある。その境界線を引くのは、私たち人間の品位だ。人の品位に文化の違いはない。】(P31)

→宗教とか以前に、もう言い訳の出来ない故人を貶めるというのはどうなの?品位のある人間のやることなの? っていうことですね。

アラブの最大の悲劇は、パレスチナという敗北ではなく、勝利にない尊厳が敗北にはあることを忘れ、自らの敗北と向き合う時間を持たぬまま、ただ屈辱感から逃れるために、もう何百年も返り咲いていない覇者という地位への勇ましい復活を夢見ていることなのかもしれない。】(P54)

→このへんは本当に本書、特に「いつアラブの死亡を宣告するのか」の章を読んでいただきたい。すごく興味深い。

ムスリム共同体の建設と維持において、ムハンマドが女性を対等のパートナーとして見なしていたということ】(P102)
「女は男と対等であり、義務と同じだけの権利を持つ」
こう言ったムハンマドの言葉は、それまで圧倒的に男性優位だった部族社会において、ショッキングなほどに急進的だっただろう。それをイスラーム社会の男たちの多くは、結局何百年経っても消化できなかったばかりか、男性優位の「習慣」を「宗教」と混同して、「これが神の意志だ」と言って無知を強いられた女性たちを従わせてきた。】(P103)

→イスラム社会では女性は抑圧されているもの、それは宗教上の戒律が、とか思っていたらそうではなくて、その国々の「男社会」が作り上げた「習慣」だった。日本だって昔はもっと女性は地位が低くて選挙権なかったり、就職も今よりもっと平等じゃなかった、それとまあ同じというか、どこも一緒か! 宗教関係無かった! というか無理やり「言い訳」に使われてたってことか。

一三億人とも一四億人とも言われるイスラーム教徒のなかで、特に私が珍しいタイプだとは思わないが、一般的に人が抱いている典型的なイスラーム教徒のイメージとはどうやら違う。ベールも被らず、西洋音楽の声楽を勉強する私は、イスラーム社会に帰ればはみ出し者なのだろうと考える人もいる。しかし実際にはまったくそうではない。「えー、カリーマってイスラム教徒(しかも禁酒などの戒律を守る類、いわゆる実践型ムスリム)なんだ!」と驚く日本人や西洋人はいるが、そう言って驚くイスラーム教徒はいない。】(P178)

→わたしが梨木さんと師岡さんの共著を読んで、「なんかこのひとムスリムのイメージと違う、どういうひとなんだろう」と関心を持つにいたったきっかけというべきこのひとの存在そのものが、それに「驚く」ことがすなわち「イスラーム教徒」についての誤った認識だった!

「あとがき」にこうある。
イスラームが絡む事件はどうしてもイスラーム問題として捉えられがちですが、それらは多くの場合、実はイスラーム云々以前の問題です。
イスラームをめぐるいくつかの時事問題を、イスラーム問題としてではなく、言葉は大げさですがもっと広く単に人間の問題として捉え直してみようというのがこの本のテーマです。

そうだ、「日本人だからこうでしょ」って、いやいや、日本人にもいろいろいるから! ってことですよね。
エジプト人のお父様、日本人のお母様を持ち、エジプトで小学生から大学卒業まで暮らし、イギリス留学を経て日本に移住、日本語とアラビア語の両方がネイティブな師岡さんだからこそ書けた素晴らしい本だと思う。
初対面の人と喋るのにまず「何国人か」「宗教は」を確認しないとそこから先へ進めない、という有り様は、まあ昨今の世界情勢的にさもありなんって感じですが、日本人が芯から共感するのは難しいのだろう。「父がエジプト人」と言ったとたんに一歩引かれるとか……つらいなあ……。

目次
悪の枢軸を笑い飛ばせ
表現の自由という原理主義
「いつアラブの死亡を宣告するのか」
「ベールがなんだっていうの?」
懲りずにフランクフルト
原理を無視する「原理主義」
青年よ、恋をせよ!
翻訳を読むことのむずかしさ
愛国心を育成するということ
私の九・一一
対談 私たちが前提にしている現実とはなにか
(酒井啓子*師岡カリーマ・エルサムニー)
あとがき

私たちの星で
私たちの星で
posted with amazlet at 17.09.17
梨木 香歩 師岡カリーマ・エルサムニー
岩波書店
売り上げランキング: 2,323

2017/09/16

高い窓

高い窓
高い窓
posted with amazlet at 17.09.15
早川書房 (2012-11-30)
売り上げランキング: 725
kindle版
■レイモンド・チャンドラー 翻訳:清水俊二
本書は1942年に発表された"The High Winbow"の全訳(1988年9月)である。
ウィキペディアに翻訳途中で清水が死去(1998年5月)したため、戸田奈津子が引き継いで完成したとあるが、本にはそういう記述は無い。
2014年村上春樹による新訳も出版されている(2016年文庫化)。
私立探偵フィリップ・マーロウ・シリーズの長篇第3作にあたる。

Amazonのkindleハヤカワの海外ミステリーセール(9/19まで)で購入。

コトの発端は、ある裕福な未亡人から、夫の遺品の貴重で高価なコインが盗まれた。おそらく犯人は身内(息子の、出て行った嫁)だと思うので、警察沙汰にせず取り戻してほしい、という依頼だった。
まずこの未亡人がとてもひとに物を頼む態度ではないしずっとワインを飲んでいるしキャラが悪いほうに強烈。秘書の若い女もどこか様子がおかしい。
マーロウの調査がはじまる。
はじまって早々に尾行されたりして、さらに息子の乱入などもあり、なんだか普通の家庭内の盗難事件では収まりそうにない……。


今回はミステリーを読むというのもあったけど、チャンドラーの独特の描写とか、マーロウの奇妙とも思える(偏執的というか)言動に関心がわいていたので(以前読んだ穂村さんの書評の影響だ)、そういうところを特にじっくり読んだが、うーんやっぱりマーロウって変わってるような。一番わかりやすいのは今回は未亡人の邸の玄関近くにある黒人の子を模した像の頭を何度となく撫でて話しかけていること。全部で3回か、4回かな。やったとしてもせいぜい最初の1回じゃないかな…。「フィリップ、さみしいのか」と思う。これは、著者がマーロウをあえてそういうふうに描いているのか、素で著者自身がこういうタイプなのか、どっちなんだろう、といろんな箇所で考えながら、読んだ。
そういえばマーロウをファースト・ネームで呼ぶ人っているのかなあ。シリーズ全部読めばマーロウの家族とか恋人が登場するときってあるんだろうか。

美しい描写。
よろい扉を開けてポーチへ出ると、夜が柔らかく静かに、周囲を満たしていた。白い月の光が、夢に描くことがあっても見つけられない正義のように、冷たく澄みわたっていた。
下の方の木々が月の下で地面に暗い影を投げていた。


以下はネタバレはしていないけれども解決部の内容にふれているのでご了承ください。

最後の方にいくまで、何故タイトルが『高い窓』なのかわからなかった。
終盤ある写真の中にやっと「窓」が出てきて、それが高い位置にある窓だということがわかり、その「高い窓」に関する出来事が実は物語のはじまるずっとずっと前からある登場人物たちに大きな暗い影を落としていたことがわかり、タイトルに込められた意味が深く強く脳の中で広がっていく。
中盤まではどうってことのない地味な話だなあとしか思わなく、チャンドラーが、マーロウが好きだから風景描写やマーロウのちょっと異常なくらい細かい観察描写を味わっていたのだが、終盤の展開、そこにあったひとの思いを忖度するだに、悲しいというか怒りというか、いろんな感情が沸き起こってくるのだった。……しみじみ、良い小説だなあ。良いミステリーでもあるし。強い衝撃や物凄い意外性というものは無いしケレン味も無いけど、最後まで読むとじんわりと静かな感動がうちよせる。なんていうか、大人の小説だー。

高い窓 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
レイモンド チャンドラー
早川書房
売り上げランキング: 138,733

2017/09/11

私たちの星で

私たちの星で
私たちの星で
posted with amazlet at 17.09.11
梨木 香歩 師岡カリーマ・エルサムニー
岩波書店
売り上げランキング: 396
■梨木香歩&師岡カリーマ・エルサムニー
本書の初出は岩波書店の「図書」2016年1月号~2017年8月号で、単行本収録にあたり若干の加筆修正が加えられたもの。

まずこのふたりを結びつけた岩波書店の編集者、藤田紀子氏に大絶賛をおくりたい。
梨木さんの「あとがき」によればまず、
『図書』連載のお話をいただいたとき、イスラームのことを学びたい、どうせならムスリムの方と往復書簡の形で学ばせていただきたい】と提案したとある。
梨木さんが「学びたい」というのから素直に思考をのばせば、梨木さんと同世代か年長の、ムスリムで、イスラム文化やイスラム教に詳しい学者系のひとを引っ張ってきそうなところである。
そこを、そうじゃなくて、1970年生まれの、しかも本書を読めばわかる、たしかにムスリムだけど、かなり柔軟でフラットな目線の持ち主・師岡さんの、まずは代表作『イスラームから考える』を紹介する。考えたなあ。

読みはじめは、「ええっ、梨木香歩がイスラムを扱うの。すごくタイムリーな時事問題。宗教も政治も絡むややこしーい、難しーい、言葉を選ばなくちゃいけないテーマだよね…」。
ファンタジーから始まった梨木さんとの出会いだったけど、たしかにエッセイや小説の言葉の端々から彼女の主義主張は感じられる、だけどそこまで直球で来るとは。
大丈夫なのか。
「政治と宗教の話は避けたほうが無難」っていうのはいろんな場面に適用されるけど、ど真ん中じゃないか…。

結論から云うと、大丈夫なのだった。
というか、あんまり宗教の話もイスラムの話もムスリムの話も深みにはまらなかったというか、スタンダードなところからちょっとズラした感じがして「およっ」と驚いたり面白がったりしているうちにするするーっと固まった固定観念・思考をほぐされていく。
読みはじめてわりとすぐ「あれ? たしかに師岡さんってムスリムだけど随分頭が柔らかいというか……知的なだけじゃなく、グローバルだし、現代日本の女性っぽさもあるし、茶目っ気もあるし、随分『敬虔なムスリム』というイメージと違うぞ」と気付いた。
すっごくチャーミングで、魅力的。見掛けも中身も!

最初に想像した展開とずいぶん違っているのは、絶対この師岡さんのキャラクターによる影響が大きい。で、ものすごく面白くて読みやすい。イスラームのことはあんまり分からないままだけど、「世界にはいろんなひとがいるのだ」というもっと大きなことを知れた、っていうかもう単純に師岡さんを知れた、このひとの存在や生い立ちも考え方もみんな興味深い。
やるな、編集者。藤田紀子さん。
師岡さんは、NHKラジオでアラビア語放送アナウンサーを長年つとめられ、また大学で教鞭をとり、著作も複数あるのだが、不勉強で寡聞なわたしは存じ上げなかった。ネットで検索するとぱっと目を引く笑顔のきれいな方。

そんなことを考えながら読んでいたので、梨木さんの「あとがき」を読むと「まさに!」と膝を打つ感じ。

内容が重めで、「難しい本なんだろうなあ」と思っていたが、あにはからんや、非常に読みやすかったのは、「書簡」つまり「お手紙」だったからに他ならないだろう。これが同じおふたりの交互執筆であったとしても、手紙ではなく「エッセイ」「評論」であったなら、もっと文体が固くなり、構成もぎっちり詰まっていたはずだ。
「往復書簡とは、うまく考えたわね」と思っていたので、これも梨木さんの「あとがき」でハナからそういう提案を著者側からしていたと知って流石、とうなずく。長年文章でご飯食べてるひとだなあ。

最後に、本書を購入して最初に一番びっくりしたのは裏表紙を折り返したところのカバーにおふたりそれぞれの顔写真が載っていたことだ、ということを告白しておきたい。梨木香歩の著作に初めて載せられたポートレートである。モノクロだけれども、横顔とかよくわからない向きではなく、はっきりと、お顔を確認することが出来る。
いったい、どういう心境の変化がお有りだったのだろうか。というほどのことではないのだろうか。

目次
奇数回:梨木香歩→師岡カリーマ・エルサムニー
偶数回:師岡カリーマ・エルサムニー→梨木香歩

1.共感の水脈へ
2.行き場をなくした祈り
3.変わる日本人、変わらない日本人
4.渡り鳥の葛藤
5.個人としての佇まい
6.人類みな、マルチカルチャー
7.繋がりゆくもの、繋いでゆくもの
8.オリーブの海に浮かぶバターの孤島に思うこと
9.今や英国社会の土台を支えている、そういう彼らを
10.境界線上のブルース
11.あれから六万年続いたさすらいが終わり、そして新しい旅へ
12.ジャングルに聞いてみた
13.名前をつけること、「旅」の話のこと
14.信仰、イデオロギー、アイデンティティ、プライド……意地
15.日本晴れの富士
16.今日も日本晴れの富士
17.母語と個人の宗教、そしてフェアネスについて
18.誇りではなく
19.感謝を! ―ここはアジアかヨーロッパか
20.ジグザグでもいい、心の警告に耳を傾けていれば

あとがき―往復書簡という生きもの:梨木香歩
うそがつれてきたまこと―あとがきにかえて:師岡カリーマ・エルサムニー

イスラームから考える
イスラームから考える
posted with amazlet at 17.09.11
師岡カリーマ エルサムニー
白水社
売り上げランキング: 68,701
変わるエジプト、変わらないエジプト
師岡 カリーマ エルサムニー
白水社
売り上げランキング: 142,455