2018/05/20

肉まんを新大阪で

肉まんを新大阪で (文春文庫)
下田 昌克 平松 洋子
文藝春秋 (2018-05-10)
売り上げランキング: 4,766
■平松洋子 画・下田昌克
平松さんに『忙しい日でも、おなかは空く。』という題名の著書がある。
「本をあんまり読む気にならないときでも、平松さんは読む。」ということで、しかしそれでも文庫オリジナルの本書、発売日は発売前からちゃんとチェックしていたのに買いに行くのは少し遅くなってしまった。
まあ長い人生、そういう時期があってもいいかな、と思っている。

初出は「週刊文春」2015年1月1日・8日号~2016年11月17日号。
お馴染みの「文春」と平松さんの組み合わせだが、絵描きさんが変わってしまった。前巻は画・安西水丸だったんだものね――しんみり。
2018年5月10日刊。

最初にパッとネットの発売予告の表紙画像を見たときは「あらっ、随分テイストが似た絵描きさんを探してきたものね」と思った。中身の挿し絵を確認したら、当然だが、似てるとはあんまり感じなかった、全く別の個性、安西さんよりもだいぶん可愛らしさがあるかな?

文春のこのシリーズは1編1編が短い。あっさりしている。場合によっては「で、それで、味はどうやってん!」と乗り出しかけた身のイキオイでつんのめりそうになることも一度や二度ではなかった。書いていないってことは、まあ、「書くまでもない」ということかなと。そこにあえて触れていない平松氏の気持ちを"忖度せよ"ってことかなと。
1つ読んで置いておこうかなと思っても短いので次もついついすいすい読んでしまう。所々で「流して読んじゃモッタイナイ」と強制的に文庫についてきた栞とチラシを挟んで小休止とする。そういうふうにしても、この土日休みで読み終えてしまえる手軽さではある。

東京を中心としたいろんな土地の名店の美味しいもの、これは読んですぐ「いざ!」というわけにはいかないけれど、日常、そこらへんにあるスーパーで買えるもので「こういう美味しい食べ方があるよ」という内容のものもあり、頷きながら読んでいる。たまに、首を傾げることもある。
いままでの平松さんの著作で既に何回かお目にかかったネタもいくつかあり、まあこれはこういうジャンルのエッセイで、これだけの量を書かれてた「かぶる」のもやむなしというか、マイナスに解釈してはイケナイ。
どぜう鍋も肉まんもウニもサンマも豚丼も既に読んだネタだ。もっとある。でも当然というか、アプローチとか、書き方とか、いろいろ変わっているからその「変化」「同じところ」を味わうのも平松愛読者の醍醐味、というヤツなのだ。
大事なことなのでもう一回書いておこう。
ファンの醍醐味、なのだ。
(ファン以外のひとがどう感じるかまでは責任が持てない)。

さてその中の一つ。
ヨーグルトを一晩濾して、水気(ホエイ・乳清)を取り除いて、クリームとして食べるというやつ。
これ、平松さんの本でもう何回もお目にかかった。でも、貧乏症のわたしはどうしてもやる気が出ない。
だって平松さんったらホエイを棄てちゃうっていうんだもの。調べたら、ホエイそのものに栄養がたっぷりあるらしいのに。もったいなくなーい? ヨーグルトそのままで美味しいから充分じゃなーい?
って思っちゃって。
まあ、ホエイ抜きのヨーグルトのクリームがまた格別美味しい、らしいので一度その味を知ってしまったらやらずにはおれないんでしょうが……だから逆にウカツにはヤれない、っていうところなんデスが……。

いそいで断っておかなくてはいけないが、もちろん新ネタもいっぱい。っていうか新ネタのほうが多い。
「おっ」と瞠目したのが「おからでシャンパン」!
内田百閒先生である。
たしかにこれは、知っていてもなかなか実際には実現しない献立かもしれない。「やろう」と用意すれば別だけど、偶然揃うのは難しいだろう。平松さんはなんとある日偶然にもそういうシチュエーションになったというから面白い。しかもその組み合わせが絶妙、素晴らしかったって、へええええ。あれは、百閒先生の、清貧というか、そういう生活からきた「智恵」みたいなお献立だと思っていたけれど、こんな組み合わせを持ってくるなんて【北大路魯山人よりむずかしい】なんて云われちゃったら、そ、そうだったのかー、そうだよね、百閒先生だものなあ、と妙に納得しちゃったりして。おみそれしました。

それにしても本書には百閒先生、井伏鱒二、そして太宰治ネタが複数出てきてびっくりした。特に「わかおい春の乱」の昆布で巻いたおむすびのくだりは……知らんかったーっっっ! うわー。
いろんな感情が、ぐわあああっ、と押し寄せてきました。どんな気持ちで太宰はそれを食べてたんだろう、とか、いろいろ考えちゃって。凄いね。

「黒にんにく」は美味しそうだけどその状況じゃとても作るのは無理だ。なすを干すのはすぐ真似できそう。皮そのままじゃダメなんスかね?
これからきゅうりとトマトの季節がやってくる。トマト寒天はいいねー是非作ろう!

笑ったのは「あたしもうんざり」のオチ! 彼らには安西先生(『SLAM DUNK』@井上雄彦)の名言「まるで成長していない……」がぴったりデスね!

伊藤比呂美さんの解説(なんと舞台はベルリン! かっちょいー!)もすごく面白かった~!

【目次】
Ⅰちくわ名作シリーズ
ちくわ名作シリーズ/ピカソパンの中身/カウンターパンチ/山椒がりがり/菜箸を削る/筋肉のめし/タカダワタル的/「味園ユニバース」丼/炒飯の音/黒にんにくにあこがれて/牡蠣ルーレット/ブルドックの威力/オレのいり番茶/選挙の秘策/戦後七十年目のなす/断食帰り
Ⅱ肉まんを新大阪で
うに丼を津軽半島で/つったい肉そば/豚肉を帯広で/ホルモン、ベスト3/ライチの季節に/あぶらげを栃尾で/夢の地元パン/コッペパンを盛岡で/栗きんとんのオマケ/大仏さまの奈良漬/肉まんを新大阪で/シカに遭えたら/名古屋めしの正体/冬の湖北へ/酒と神さまと/ミラノでくらくら/白玉NZ旅情/わさび山盛り/春は箱根山/渋谷でふるさと麺/牛たん、四谷三丁目/新橋の女
Ⅲきゅうり、どんどん
五月のどぜう鍋/酸っぱい蕾/きゅうり、どんどん/バラカンさんの朝食/何もしていない/さんま恋情/今年の栗ごはん/特効薬は白湯/今夜も肉だんご/どっさり大根おろし/冬のアイスクリーム/まだ飽きません/三波春夫と白菜/おくらでシャンパン/家で焼きいも/わかおい春の乱/あさり飯の仕掛け/かるしお寒天/冷し中華、スタート/真夏のエナジーチャージ
Ⅳナミナミツガシテ
サザエのしっぽ/とっさの箸置き/備えあれば/よもぎ、タンポポ/がまだす熊本/レモンスカッシュの夏/羊をめぐる偶然/堂場瞬一賛江/もっと飛ばそうぜ/夢の空き缶/あたしもうんざり/フライパン再出発/ナミナミツガシテ/私の鬼門/「全部炒め」に異議なし/さよならの季節/『散歩の達人』祭り/街でお別れ

解説:伊藤比呂美

2018/05/13

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 (文春文庫 む 5-15)
村上 春樹
文藝春秋 (2018-04-10)
売り上げランキング: 911
kindle版
■村上春樹
本書の単行本は2015年11月21日文藝春秋刊。それに最後の章を追加した、2018年4月10日刊の文春文庫を底本とした電子書籍版。

村上春樹の書く紀行文に外れ無し、と個人的に思っている。小説は内容に好き嫌いがあったりするし、エッセイは気軽な読み物に徹したものが多い。紀行文はかなりシリアスなものもあるし、エッセイ風のものもあるが、変わった場所に変わった動機で行かれることが多いのでその「テーマ」だけでまず面白い。
今回の紀行文は結構軽めのタッチが入ったものだったから気軽に楽しめた。
1週間以上かけて、1章ずつ、少しずつ読んだ。最後のあとがきによって、近年書かれたものをまとめたわけじゃなく、20年くらいの間にちょこちょこ書かれたものを集めた紀行文集だとわかった。そう言われてみれば、最初のボストン1は雰囲気が違ったかな?

かるーい調子で書かれているけれどもやはりわたしの少ない語彙には無い熟語がたまに出てきたり、ちょっとブンガクっぽい描写があったりする。なんのかんの言ってもキャリアある作家だよなあと頷きつつ電子書籍ならではの便利さで意味を確認。【稠密】チュウミツとか、実生活で使うことあるかなあ。あと熊本に来ると書いて【来熊】ライユウ、って読むらしいけど初めて知った。

ユーモラスなジョーク?みたいな言い回しが結構な頻度で出てきて、まあもともとそういうひとだったかな、でも「おじさんぽい」特徴と言えなくもないかな、とか思ったり。「太田胃酸を世界遺産に」とか随分ベタなやつを出してきたな、さらりと流すべきかなとか思っていたらもう一度念押しで出してきたりね(村上さん…)。

【目次と初出】
チャールズ河畔の小径 ボストン1
「太陽」1995年11月号臨時増刊CLASS X第2号「チャールズ河畔における私の密やかなランニング生活」

緑の苔と温泉のあるところ アイスランド
「TITLE」2004年2月号 東京するめクラブ 特別編「アイスランド独りするめ旅行。」

おいしいものが食べたい オレゴン州ポートランド/メイン州ポートランド
「AGORA」2008年3月号「二つのポートランド」(前編)「AGORA」2008年4月号「二つのポートランド」(後編)

懐かしいふたつの島で ミコノス島/スペッツェス島
「AGORA」2011年4月号「ギリシャのふたつの島」

もしタイムマシーンがあったなら ニューヨークのジャズ・クラブ
「AGORA」」2009年11月号「Live Jazz in New York」

シベリウスとカウリスマキを訪ねて フィンランド
「AGORA」2013年7月号「フィンランディア讃歌」

大いなるメコン川の畔で ルアンプラバン(ラオス)
「AGORA」2014年10月号「大いなるメコン川の畔で」

野菜と鯨とドーナッツ ボストン2
「AGORA」2012年4月号「ボストン的な心のあり方」

白い道と赤いワイン トスカナ(イタリア)
「AGORA」2015年6月号「トスカーナ・白い道と赤いワイン」

漱石からくまモンまで 熊本県(日本)1
「CREA」2015年9月号「熊本旅行記」

「東京するめクラブ」より、熊本再訪のご報告 熊本県(日本)2
「CREA」2016年12月号「「東京するめクラブ」より、熊本再訪のご報告」

あとがき/初出

2018/04/28

東京近郊スぺクタルさんぽ

東京近郊スペクタクルさんぽ
宮田 珠己
新潮社
売り上げランキング: 2,703
■宮田珠己
本書は「Webでも考える人」にて連載された同タイトルを加筆・修正したもの。
2018年5月25日刊。

ほとんどを休日である本日に読んでしまったが、読んでいる最中に「これは、こういうふうにまとめて一気読みしないほうがいい本なんだろうな」とは感じた。もともとがWebの連載であり、内容がいつもの宮田大兄的ゆるゆる見物記で、タイトルは「スぺクタル」とかジョークで大きく出ているが、現実世界ではともかく創作物あふれる書籍上においてはむしろ「劇的なことはなにも起こらない」省エネエッセイであり(誤解されたら嫌なのであえて書くけど決してけなしているわけではない)、余った時間にちょこちょこ覗いて拾い読み、少しずつ楽しむほうが向いているだろう、ということだ。

省エネエッセイ、と書いたけど、「んー、これは経費節減という向きも少しはあるのかなあ…」と正直思わないでも無かった。
海外エッセイとまで行かなくとも、日本各地いろんなところを旅して書かれたエッセイに比べたらスケール感はどうしても小さくなってしまうのであり、まあ東京近郊の方には「近場ですぐに行ける!」という売りはあるのだろうけれども。
でもタイトルに「東京近郊」とあったので、東京中心なのかと思っていたら、実際には都内のネタは無くて、群馬とか栃木とか山梨とかなのだった。東京で全然散歩してない。というか東京で散歩する気はない、ということは最初に「はじめに」でわかる。

スぺクタル、ってなんとなく意味はわかるけど日常会話で使うことはまずない。映画の宣伝文句で見聞きするくらいかな?
あらためて意味を調べてみた。

spectacle 
大仕掛けな見せ物。絢爛豪華な装置や衣装,照明,あるいは大群衆の登場などによって,観客に強烈な印象を与えるように仕組まれた舞台,または公演。】(コトバンク@ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説より引用)

詳しくはコトバンクにリンク貼っておきます。

本書の内容を「スぺクタルさんぽ」と言ってしまっていいのかどうかの判断はちょっと棚上げしておくが、まあ宮田大兄ならではの「ノリ」なんだと思う。でもある章で寺社仏閣の木彫り(彫刻)を見に行くのまで「スぺクタル」とおっしゃっているのには同行編集者さん同様、ちょっと驚いてしまったかなあ。

結構穴ばっかりもぐってて、そういうのが好きなんだなー。

最後のほうの、昔の読売新聞記者の火口調査のくだりが一番衝撃的だった。よくもまあ、文字通り命懸け、でもあんまり悲壮感がないというか……凄い時代だったということなのかなあ。
砂漠そのものは、想像していたのと違ったけど映像や生で見たら「砂漠感」がもっとあるのかな?
一番面白そうだな、行ってみたいなと思ったのは湘南モノレール。懸垂式のモノレールで、高低差があって、ジェットコースターっぽいんだとか。普通に通勤通学に使われているけど、むしろ観光客にもっと知って欲しいらしい。江ノ電が有名すぎるというのもあるらしい。ほー。

目次
はじめに――散歩の危機
第1章 地底湖とヘンテコな町
パズルのような町と穴/地底のリゾート
第2章 地下500mの巨大空洞
ダムの面白さがわからない件/上のダムと下のダム/サムイボ的大空間/土木建造物と崇高
第3章 ジェットコースター・モノレール
君はなぜ湘南モノレールに乗らないのか/交通機関というよりアトラクション/なぜモノレールなのに、ダイナミックなのか/湘南・鎌倉スペクタクルさんば特選コース
第4章 もりあがる彫刻(波の伊八編)
人はなぜ社寺彫刻を見ないのか/日本最優秀の龍/ゴッホは伊八の影響を受けていた?/すぐれた社寺彫刻は3Dである/伊八の特徴は、細やかさ
第5章 ますますもりあがる彫刻(後藤義光編)
優れたごちゃごちゃ、題して、うじゃうじゃ/百態の龍/実在の動物のような龍
第6章 ジャングルとカニ
川のすべてを1時間半で/奇跡の森に入る/アカテガニ人生劇場
第7章 世にも奇妙な素掘りトンネル
穴を抜けて別の世界へ/トンネルを掘った人たちはどこへ行ったのか/穴と妄想/現実と異世界が交叉する/まだまだ穴はつづく
第8章 工場のなかを走る電車
配管の迷路/シラカワ氏も工場が好きだった/坂口安吾も工場が好きだった/工場夜景電車に乗る
第9章 隠れキリシタンの魔鏡
反射光に浮かぶキリスト/異形の神像たち
第10章 渓谷と森の番人
気になっていた広大な風景/スペクタクル足尾銅山/森の番人ジャンダルム/神秘の王国への道
第11章 本物の砂漠を見に(前編)
砂漠へは高速艇に乗って/砂漠とジャングルの境目/黒い不毛と緑の濃厚/スガノ氏の失敗/砂漠とプラモ屋/もうひとつのスペクタクル
第12章 本物の砂漠を見に(後編)
三原山のスライダー/中学生による研究「三原山滑走台の謎に迫る」/火口探検のゴンドラ/狂気の火口探検
あとがき
参考文献

2018/04/08

ぼくらの近代建築デラックス!

ぼくらの近代建築デラックス! (文春文庫)
万城目 学 門井 慶喜
文藝春秋 (2015-05-08)
売り上げランキング: 6,049
■万城目学・門井慶喜
2015年5月刊の文庫本。

建物についてわたしは何にも知らなくて、誰が建てたとか、普段全然気にしていない。
「きれいだなー」とか「かっこいいなー」とか思っても、せいぜい写真を撮って、それで満足して終わる。
大阪の中央公会堂は仕事で何回か訪れていて、一番大きい会場の緞帳の上に髑髏(?)に見えるものがあったりして、「これは凄い建物だなー」とは思っていたが、個人が建てられたとはちゃんと認識していなかった、とかそういうレベル。

本書はそんなわたしでも楽しく読める素敵な文庫本。
いろんな素敵な近代建築の写真(カラーも多い)が載っていて、楽しい。
ぱらぱらっと見たときに、写真が控えめな大きさだな、と思ったのだけど、それは万城目さんのあえての「指定」らしい。
どうも、他の書籍で、事前に見た「写真」が良すぎて、実際見たら印象が違ったということなどがあったこともあったらしく、
写真を鑑賞して満足してしまうのではなく、建物に興味を持ったあかつきには、ぜひ自身の足で現場に赴き、自身の目で実物を確かめてほしい、というひそかな願いがあったから】だそう。

門井慶喜という作家さんの作品を読んだことは無く、どういう方かも寡聞にして存じ上げなかったのだが、本書を読んだ感じではどうやら建築が大好きで、お詳しい方のようだ。
万城目さんはそこまで建築に詳しくは無いけれど、興味がある。だから建築物の説明役は門井さんで、万城目さんが質問役。
ユーモラスな万城目さんのことだから、楽しい漫才(?)みたいな会話になっているところもあり、気楽に楽しめる。
ボケとツッコミが楽しいよ!(違?)
いやー万城目さんほんといいキャラしてらっしゃるなー。

大阪・神戸・京都あたりは知っている建物もちらほらあり、「おー、あそこね」と頷いたり、知らない建物でも「近いから、機会があったら気軽に行けるな」と。
後半は横浜・東京。
関西もそうだけど、全体的に有名な場所が混ざっていて、「あっ、知ってる知ってる」と興味を引きやすく、「何気なく前を通っていたけれど、そういう建物だったのか……」と改めて見直す、みたいな感じ。
この「知ってる・知らない」が混ざっているところが、マニアック過ぎず、でもある程度詳しい人ならではの視点も知れて、親しみやすかった。
まあ、もともと近代建築に興味がある読者さんたちにはまた違う感想があるかもですが。
個人の御宅とかじゃなくて、ほとんどが、誰でもいつでも行ける場所、というのも良い。「綿業会館」は簡単には入れなくて、最初のときは入れなくて、後でやっと入れることになったときに、偶然二人ともスーツだった、というのが面白い。

万城目さんは京都の大学出身で、京都には愛着があるのかと思いきや、結構辛辣な意見が多く、それには作家になったばかりの頃に書店めぐりをしたときの苦い体験があった……というのが書かれていて「へえー」。

「目次」は全部書き写すとそれがすなわち「ネタバレ」的なことになるように思うので、つまり、どんな建物が紹介されているか、というのも本書を買う楽しみのひとつのように思うので、あえて、一部だけにして、「ほか」で省略。

「東京散歩スペシャル」は一般の方も交えたイベントの記録。この章以下は、単行本には未収録で、後から雑誌に載って、文庫収録されたものらしい。

目次
文庫まえがき 万城目学
文庫まえがき 門井慶喜

大阪散歩
①旧シェ・ワダ/②大阪市中央公会堂/③難波橋/④高麗橋野村ビルディング ほか
京都散歩
①進々堂/②京都大学時計台/③同志社女子大学ジェームズ館/④さらさ西陣(旧藤ノ森湯) ほか
神戸散歩
①兵庫県公館/②神戸ムスリムモスク/③うろこの家/④御影公会堂 ほか
横浜散歩
①横浜市大倉山記念館/②カトリック山手教会/③横浜共立学園本校舎/山手234番館 ほか
東京散歩
①一橋大学/②前川國男邸/③東京駅/④日比谷公園 ほか
大阪・綿業会館再び
カメラマンが教える近代建築の撮影ポイント

東京散歩スペシャル
初出「近代建築への愛を叫ぶ」(「別册文藝春秋電子増刊 つんどく!」vol.2)
①学士会館/②一誠堂書店/③旧岩崎邸/④三井本館/⑤有楽町ガード下
台湾散歩
初出「ぼくらの近代建築散歩in台湾」(別册文藝春秋」2015年1月号)
①台湾総督府庁舎/②台湾銀行本店/③国立台湾博物館/④台北水道水源地喞筒室/⑤四四南村/⑥中山公園湖心亭/⑦宮原眼科/⑧烏山頭ダム/⑨国立台湾文学館/⑩新竹駅
人物索引

単行本はこんな表紙。
2012年11月刊。
文庫化にあたり、後ろ二編が追加された。

ぼくらの近代建築デラックス!
万城目 学 門井 慶喜
文藝春秋
売り上げランキング: 126,249