2017/10/12

終わらない歌

終わらない歌 (実業之日本社文庫)
実業之日本社 (2015-11-06)
売り上げランキング: 21,031
kindle版
■宮下奈都
本書は『よろこびの歌』(2009年10月、実業之日本社)の続篇(3年後)を描いた短篇集である。
単行本、実業之日本社2012年11月17日刊、文庫版2015年10月3日刊、の電子書籍版であるが、珍しく解説(演劇集団キャラメルボックスの成井豊氏)も収められている。

小説誌「」(実業之日本社)に掲載された4編(「シオンの娘」「スライダーズ・ミックス」「バームクーヘン、ふたたび」
「Joy to the world」)、福井のタウン誌連載の「コスモス」、書き下ろし「終わらない歌」の計6篇。

卒業生を送る会の合唱から3年、少女たちは二十歳になった。
(Amazon:単行本版:内容紹介から引用)

『よろこびの歌』について細かいことは忘れてしまったが、女子高校生たちのさわやかな青春小説で、「歌」がテーマで、「良かった」ということは覚えていたので、続篇がAmazonで上がってきたときに購入してあった。

でも正直「"続篇"だし、あんまり期待しない方がいいよなあ」という気持ちで読んだので、最初の1篇をするりと読めてしまって、「ああやっぱり読みやすいなあ」「上手だなあ」。
最近読むのに体力が要るものを続けて読んでいたのでこういうふうに書いてあることがそのまますーっと同じテンションで飲み込んでいける作品は楽だ。短篇集なのに連作みたいなもので主人公は変わるけれども作品のトーンが同じなのでいちいち作品との向き合い方とか文体を探らないでいいし(だって世代の同じ同級生の女の子の3年後だもんね)。

読みながら一番思ったことは、
「この小説は10代後半から20代前半までに読むのがベストだなあ」
つまりいまのわたしが読むには内容が若すぎる。

どれも二十歳の女の子が主人公で、しかも三人称(客観視)ですらない、ばりばりの一人称のモノローグが延々続く話ばっかりなんだもの。
いやー……わかるけどね。わかるけど、もう「深く共感」とかは遠すぎて、眩しすぎて、キラキラですわ、って感じで。
じゃあ前作は高校生主体だからもっと遠かったでしょ、なんだけど、どう思ったんだっけかな。
あれは長篇だし舞台設定を探りながら読んでいく面があったからなあ。

前作もそうだったけど本作はより濃く「ハイロウズ」推し、な気はする。
わたしは別にファンではないが、解説の成井氏と同様に、代表曲だけはテレビやラジオで何回も耳にして育ったので聞き知っているというレベルだ。
ファンの方だったらまた違う読み方があるのだろう。
ただ頭の中で再生される「終わらない歌」は男性のあの特徴のあるかすれたようなボーカルなのに対し、本書では若い才能のある女の子3人のものすごく良い感じに歌い上げられる声、なのでどんな感じだろう、と想像しながら読んだ。

玲ちゃんの歌を聞いたひとはみんな目を見張ったり、顔を上げたり、とりあえずリアクションがかならず返ってくる。まるで北島マヤ(@『ガラスの仮面』)の演技みたいだ。でも本人は音大に入って声楽科で学んでいるんだけれど、その中で「トップ集団」の実力ではないと悩んだりしている。まあ、優等生が進学してまわりみんな優等生で落ち込む、ってどんなジャンルにも出てくる若いときのわかりやすい「つまづき」原因だよね。

この本では玲ちゃん以外にも千夏や早希などがそれぞれの主観で描かれるが、やっぱり一番好きなのは玲ちゃんが絡む話かなあ。っていうか前作の登場人物で覚えていたのって玲ちゃんと千夏だけだったり……。
女の子たち以外では、サブキャラとして登場する若い男性陣にもなかなかイケメン風だったりノーブルな感じなのがいたりして、いやーイイね! 特に「雨みたいな声」(ってどんなのだ)な、彼が素敵。若き日の恋愛のほのめかし・はじまりって、ときめきがあって、読んでいるだけでドキドキしちゃう。ガッツリ濃厚恋愛モノは苦手なので、これくらいが好みだ。

玲ちゃんの歌が聴きたいわー。

ん? っていうか解説がキャラメルボックス代表さんってことは……もしかして舞台化があったりするのかなあ?

活字では想像力を、フルに逞しく読むしかないが、逆にいくらでも逞しく出来るというか。
最後の話はそういう想像上の歌声が響きあって、なかなか素晴らしく盛り上がった。前5つの話もそれぞれハートウォーミングで良いのだけれど、最終話はそこであった細かい悩みや不安・違う視点で考えた時の「それってどうなのかなあ…」などを全部真っ白にして、「盛り上げ!」に特化して描かれているような。
「青春」とは、これくらい突き進んでしまうものなのかも知れない。

2017/10/08

読書で離婚を考えた。

読書で離婚を考えた。 (幻冬舎単行本)
幻冬舎 (2017-06-21)
売り上げランキング: 956
kindle版
■円城塔&田辺青蛙
なんとも刺激的なタイトルを冠した本書は、2015年1月~2016年9月に幻冬舎plusにて連載された「YomeYome メオトドクショリレー」を改題し、加筆・修正して平成27年(2015年)6月に幻冬舎から単行本刊、を底本とした電子書籍版である。

※注! 本書は単行本紙面を画像のように電子書籍化したものなので、通常のテキスト版電子書籍のようには読めません。

なので単語の範囲指定・検索なども出来ません。
活字はかなり小さめで色もやや薄いですが拡大するとページ全体が大きくなるので上から下に流れていく活字を読むには向いていないので、そのままのサイズで読むほうがましでした。

しかしその読みにくさを補って余りある、内容の面白さ!

紙の単行本で読めばいいじゃない、という意見は当然出るでしょうが、なにせ本書はAmazonの電子書籍kindle版の今月(2017年10月)の月替わりセール対象作品となっておりなんと!
お値段¥499円、加えてポイント102ptなので、実質¥397円で読めてしまうのであります。
ちなみに紙の単行本は¥1,620円。

この本の存在を知ったのはその少し前に行われた、kindle版カドカワセールのときで、かなり迷った末見送っていたけどやっぱり気になったので安くて有難い!

読んだ感想。
「めっちゃ面白かった~!! ――でもどこらへんが、“離婚の危機”!? 最初から最後までラブラブ夫婦が紙面でじゃれ合っていたように読めちゃったワタシは夫婦の機微なるものがわかっていないのかも知れない???」

本書は、夫と妻が交互でお互いに推薦図書を指定し、次の回に相手がその本を読んだ感想レビューを書く、というスタイル。
だから書評本、でもあるのだけれど、1回の分量が少ないこともあって、正直書評部分はかなりあっさりしている。少ない。
でもそれだけじゃなく、差し挟んであるお互いについての思うところとか、日常エッセイ的な部分がけっこうあって、それがすんごく面白い。

円城さんの作品はいくつか既読で、あと新聞に連載していたエッセイもいくつか既読で、この方のエッセイをまとめて読みたいと思っているのだがいまのところ書籍化されてない……(ですよね?)。
そんな中で本書は貴重だ。
小説は難しい円城先生だけどエッセイはわかりやすい。
世代も近いし、現在大阪在住ということで親しみもわく(出身は北海道で、独身時代は東京在住。大阪に住んでいるのは奥さんの仕事の都合だとか)。

奥さんの田辺さんについてはホラー作家ということでわたしの守備範囲外なので残念ながら読んだことはないのだが、生年が円城さんより10年若い。でも本書によると読んでいる漫画などが円城さんよりも「おじさん」らしい。

とにかく田辺さんが「えっそれって漫画の世界だけの出来事と思ってた」というレベルの生態で、例えば料理とか、看病とかは苦手らしい。ご本人には夫君の視点についていろいろ反論したい点もおありなのだろうが、しかし円城さんはそれでも奥さんがお好きなんでしょうなあ、とにまにましながら。奥さんの、こういうのを公共の媒体に書かれるといろいろ言われる、という文句には激しく同意(お姑さんとか親戚とか実家の親とかあるでしょうなあ)。

これは、夫婦がお互いを理解するために本を勧めあった格闘の軌跡である。
と、冒頭にあるが、
円城さんが本書の中で何回も疑問をさしはさむように、奥さんがこのコンセプトを正しく理解されていたかは……、そして、【夫婦の相互理解】なるものが進んだかどうかは……。
最初に事細かい≪ルール≫なるものが設定されているのが泣けるというか笑えるというか……。
…………。

まー夫婦で仕事とかしないほーがいーでしょーねー。
それは円城さんも最初っからわかっていたらしいのですが奥さんがウキウキ♪という感じだったらしい。
このご夫婦が結婚されたのは2010年7月らしいので、結婚5年目くらいの連載っていうことだ。
結婚10年目、20年目だとまた違うんでしょうね。
読み手が円城さんタイプか、田辺さんタイプかで感想も違ってくるかも。
とりあえず円城塔さんファンなので、いろいろ実生活などが垣間見えて楽しかった!
結婚式はエヴァンゲリオンがテーマだったんですね。

本書で紹介される本は以下のとおり。
吉村昭『羆嵐』/テリー・ビッスン「熊が火を発見する」(『ふたりジャネット』所収)/吉村智樹と仲間たち『VOWやもん!』/ジョー・ヒル「ボビー・コンロイ、死者の国より帰る」(『20世紀の幽霊たち』所収)/スティーヴン・キング『クージョ』/山田風太郎「〆の忍法帖」(『山田風太郎忍法帖短篇全集5 姦の忍法帖』所収)/ゲッツ板谷『板谷式つまみ食いダイエット』/幸田文「台所のおと」(『台所帖』所収)/大沢在昌『小説講座 売れる作家の全技術』/エンリコ・モレッティ『年収は「住むところ」で決まる』/弘兼憲史「五里霧の星城」(『黄昏流星群27巻』所収)/レム・コールハース「プールの物語」(『錯乱のニューヨーク』所収)/倉阪鬼一郎『活字狂想曲』/関容子『日本の鶯』/池谷和信『人間にとってスイカとは何か』/アリソン・ベイカー「私が西部にやってきて、そこの住人になったわけ」(『変愛小説集Ⅱ』所収)/池波正太郎「男色武士道」(『あほうがらす』所収/ロラン・バルト「パリの夜」(『偶景』所収)/渡辺淳一『花埋み』/エミリー・オスター『お医者さんは教えてくれない 妊娠・出産の常識ウソ・ホント』/又吉栄喜『豚の報い』/三谷純『立体折り紙アート』/つのだじろう『恐怖新聞1』/須賀敦子「白い方丈」(『須賀敦子全集第2巻』所収)/吉屋信子「かくれんぼ」(『吉屋信子集 生霊 文豪怪談傑作選』所収)/ピーター・メンデルサンド『本を読むときに何が起きているのか』/荻原規子『薄紅天女』/ジョン・ヴァーリイ「ビートニク・バイユー」(『さようなら、ロビンソン・クルーソー』所収/イセダマミコ『今夜もノムリエール』/野﨑洋光『野﨑洋光 和のおかず決定版』/ジーン・マルゾーロ『ミッケ!』/マーク・ハッドン『夜中に犬に起こった奇妙な事件』/小林泰三『記憶破断者』/ジェイムズ・プロセッタ『ウナギと人間』/山田規畝子『壊れた脳 生存する知』/木村俊一『連分数のふしぎ』/中島らも『西方冗土』/スタニスワフ・レム『ソラリス』/高見広春『バトル・ロワイアル』

2017/10/06

十二章のイタリア

十二章のイタリア
十二章のイタリア
posted with amazlet at 17.10.06
内田 洋子
東京創元社
売り上げランキング: 21,321
■内田洋子
7月に刊行された単行本。
内田さんのエッセイは宝石箱みたいなものだから、流して読むなんてもったいないことはしたくない。
枕元に置いて気力があるときにのみ少しずつ日数をかけてゆっくり読んだ。
東京創元社刊というのもなんだか良い。好きな出版社のひとつだからだ。何故東京創元社? どんな御縁?
内容的に全然ミステリーは関係ないんだけど…。
通しテーマはタイトルにも表れているように「書物・出版物」にまつわる人間模様@イタリア。
書籍をたどる旅だからか、若い学生の頃の話や、仕事を始めた駆け出しの頃のエピソードも多く、どういうふうに仕事を自分で切り拓いていったのかが垣間見えて興味深い。

全体を読んで、これはいままでもうっすら感じていたことだけれども、誰とでも仲良くなれそうで、深い話を魔法のように聞き出してしまう内田さんだけれども、案外「好き嫌い」ははっきりしていて、でもそれをオモテには(作品上というだけではなく)出さないだけなのかな、と思った。きっちりひとを見る目がおありだから、「判断」されているのだろう。また、そうでなければ、異国の地で長年通信社などやっていけないだろう。

ひとがひとを呼ぶ。
ひととの繋がりが次のつながりを生んでいく。時に、思いもかけない連鎖が広がる。
時間と、情熱と、誠意、何より、著者の人柄。
そして時代のバックアップもあるのかなあ、昨今の不景気な日本でこれは成立する?
いろんなことを考えながら、見知らぬ地、見知らぬ異国の人の表情を想像しながら読む。

以下、目次に沿って軽く覚えメモ・感想コメントなど。

目次
1 辞書
時代遅れの伊和辞典に苦しんだ大学時代。東京で知り合ったイタリア人脚本家の母親宅を訪ねた若き著者。
2 電話帳
ミラノでの生活の始まりは、まず電話帳を丹念に繰ることからはじまった。
【町の生き生きした様子をそのまま日本に持ち帰り、紹介できないものだろうか】という著者の思い付きから思いもよらぬ協力者を得て東京で開かれた企画展「イタリアの家」をイメージした『CREATIVITALIA(イタリアの創造力)』。これは見たかったなあ…!
3 レシピ集
ミラノの地方ラジオ局の、リスナーたちの熱狂的な支持を受けている料理番組のパーソナリティの本業は建築家だった。ステファニア・ジャンノッティという女性は不思議な魅力の持ち主で…。そんな彼女が出版したレシピ集の話。
4 絵本
絵本作家レナートの話。【他の誰にも真似できない雰囲気を持つ人】【多才な人】そんな彼の住む家もまた風変わりだった。
のんびり読んでいたら、後半ぎょっとさせられる。
5 写真週刊誌
パパラッチとの仕事。30年前著者が通信社をはじめたころはまだまだイタリアについて日本での認知度が低かった。繋がりを作るために片っ端から電話を掛けては仕事を持ち掛けた。
6 巡回朗読
公衆電話と出始めのワープロで仕事をしていた時代。タイプライター派がまだ主流だった時代。
知人の編集局長が地産地消の文化イベントを企画した。朗読会が毎夜催され、そこに登場したギタリストのピナは素晴らしい音色を奏でた…。
7 本屋のない村
北部イタリアのエミリア地方にある村。初めて訪れたのは25,6年前。そこでの素晴らしい昼食。チーズ、茸…。
8 自動車雑誌
簡易食堂「マリア食堂」。そこはフェラーリ倶楽部の事務所だった。そして現れたのはなんと公爵夫人…。
9 貴重な一冊
ジェノヴァで開かれたヴァレリオの個展。そこで教えられた金物細工職人。彼がいま行っているのは古典文学全集を金箔で覆う仕事だった…。
10 四十年前の写真集
どこにでも持って行く本。ナポリの下町を撮った写真集。22歳、初めてのナポリは1890年11月の歴史に残る大地震に見舞われた直後だった。大学も機能していない状態で、町で会うひとの付き合いをきっかけに輪の中に入っていく…。
11 テゼオの船
ヴェネツィアの離島。ウンベルト・エーコが亡くなった。地元の人々との交流、エーコ教授を偲ぶ…。
12 本から本へ
ヴェネツィアに【近年ときどき、住んでいる】著者。それは干潟の暮らし。そこにある通いつけの古書店…。
あとがき
本に旅先からの絵はがきをはさむ。見返すと本の間から旅が思い出される。素敵だなあ。

2017/10/05

ロング・グッドバイ 【再々々読】

kindle版
■レイモンド・チャンドラー 翻訳:村上春樹
本書は1953年に発表された“The Long Goodbye”の全訳で、私立探偵フィリップ・マーロウ・シリーズ長篇第6作目にあたる。
本書邦訳を読むのは4度目だが、前の3回は清水俊二による翻訳を紙媒体(文庫本)で読んだのに対し、今回は村上春樹による新訳を電子書籍(kindle)で読んだという違いがある。
本作品に登場する有名なフレーズ。
"I suppose it's a bit too early for a gimlet,"
「ギムレットにはまだ早すぎるね」(清水)
「ギムレットを飲むには少し早すぎるね」(村上)
"To say Good bye is to die a little. "
「さよならをいうのはわずかのあいだ死ぬことだ」(清水)
「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ」(村上)
後者については『ロング・グッドバイ』の村上春樹による訳者あとがきでも少し触れられている。

この台詞だけを単発で読んでもなんということはない、せいぜいちょっと格好つけだな、くらいのものだろう。
この台詞には長い背景がある。
男と男の友情と、苦しみと悲しみと絶望と、それを乗り越えた後の新たな展開を受けての――、そのうえで出てくる言葉だからこそ心を打つのである。
ちなみに前者はマーロウの台詞ではない。それもまた重要なポイントである。
「さよならを言うのは、少しだけ死ぬことだ。」
この思いの詰まった言葉を読んで、少し涙ぐみそうになった。
これは決して直前に出てくる女ひとりに対する思いではない、その前の流れからの、いろんなひととの別れを受けての重みがあるから、命をえぐるのだ。

4回目なのでよく覚えているんだろうと思ったらこれが大間違いで、さすがに一番の大ネタや大雑把な流れみたいなものは忘れてはいなかったが、例えばこの話の発端である殺人事件の真相をちゃんと覚えていなかった。他も細かいことは忘却の彼方だった。
(それもその筈、2009年だから8年も前だ)。

なので、清水訳と村上訳の違いはわからない。読んだ感触とか感覚レベルだと違和感が全くなかった。特にムラカミ風だったとか今風だとかそういう感想はなく、チャンドラーの日本語訳として自然に愉しめた。これはすなわち良く出来た翻訳すべて当て嵌まる感想だと思う。訳者あとがきによれば清水訳は原文から削られている箇所があるらしく、村上訳は原文どおりの完訳らしいが少しずつ枝葉が刈り込まれたようなレベルらしいので突き合わせてみないとわからない。
kindle版で8000pある。確かに「冗長だな」と感じる部分もあるが、そのくどい描写こそがチャンドラーの作品の要素なんだと解釈したのが今回の翻訳スタンスということらしい。

詳しい感想は前回まででだいたい書いたと思うので今回思ったことは。
・性質的に、碌な女が出て来ない。
・物凄い美人が出てきて彼女についての描写が「美しい」ことを何度も強調されているのでそのうちに違和感が出てくる。
・もっともチャンドラーは男女問わず相手の服装や容姿・室内描写が細かく書く作家であることは確かで、そこまで必要かと毎回思うくらいに詳しく描いてある。
・この話はテリー・レノックスの物語でもあり、彼は確かに魅力的なので、彼の過去の話とかももっと描いてあっても興味深かったかも。
・数日かけてゆっくり読んだがこの話は2,3日で一気に読んだ方が面白いかも。

というか「一番の大ネタ」を覚えて読むのと知らずに読んで「あっ」と驚くのではやっぱり全然違うなあ。